So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2012年02月 |2012年03月 ブログトップ

雪の浜離宮恩賜庭園 2012年2月29日 [歴史&庭園(History&Garden)]

120229浜離宮 (1)_S.JPG
 

 

東京は未明から雪が降った。午前中には辺りが一面の白色に変わった。こういう日は、庭園が美しい。芝の浜離宮恩賜庭園に行く。一面の雪景色はタイムトンネルで江戸時代に来たような錯覚を起こさせてくれた。
 

We had snow this morning. Everything around us turned into white before noon. So I went to Hamarikyu Garden at Shiba, Minato-ku. Hama Rikyu, the garden of a feudal lord's residence during the Edo Period (1603-1867), is one of Tokyo’s most attractive landscape gardens. It is located alongside Tokyo Bay, next to the futuristic Shiodome district. It was a place that the duties were to manage the falcon hunting grounds and to prepare for falcon hunting by the shogun. Why don't you take a look at following pictures and feel snow at the Garden in Tokyo.



120229浜離宮 (2)_S.JPG

梅の木にも雪が積もっていた。
An apricot in snow.


 

120229浜離宮 (3)_S.JPG

一面銀世界#001。
Snow everywhere#001.


 

120229浜離宮 (4)_S.JPG

一面銀世界#002。
Snow everywhere#002.


120229浜離宮 (5)_S.JPG

一面銀世界#003。
左が中島のお茶屋、右が松のお茶屋。
背景のビルが見えにくいの江戸時代の感じがする。
Snow everywhere#003.
Left:Nakashima no Ochaya tea house.
Right:Matsu no Ochaya tea house.


120229浜離宮 (6)_S.JPG

一面銀世界#004。(海手伝い橋)
Snow everywhere#004
at Umi Tetsudai Bridge.


120229浜離宮 (7)_S.JPG

一面銀世界#005。(お手伝い橋)
Snow everywhere#005
at Otetsudai bridge.

 
120229浜離宮 (8)_S.JPG

一面銀世界#006。
Snow everywhere#006.


120229浜離宮 (9)_S.JPG

一面銀世界#007。
Snow everywhere#007.


120229浜離宮 (10)_S.JPG

一面銀世界#008。
左にお茶屋さんが見えた
Snow everywhere#008.
Now I can see tea house on your left.


 
120229浜離宮 (11)_S.JPG

ちょっとお茶を一服しました。(500円)
中島のお茶屋さんにて。
Take a tea break(500 Yen)
at Nakashima-no Ochaya tea house.


120229浜離宮 (12)_S.JPG

お部屋はこんな感じ。
Inside of the tea room is like this.



120229浜離宮 (13)_S.JPG

一面銀世界#008。(松のお茶屋)
Snow everywhere#008
at Matsu no Ochaya tea house.



120229浜離宮 (14)_S.JPG

誰かが作った雪だるま。
Snow man made by unknown.

 


nice!(0)  コメント(0) 

東京・新宿御苑 秋~初冬を歩く(Shinjyuku-Garden in Tokyo "Fall to Winter") [歴史&庭園(History&Garden)]

東京・新宿御苑 秋~初冬を歩く(Shinjyuku-Garden in Tokyo "Fall to Winter")

訪問時期:
2009年12月、2010年11月
2011年11月~12月
2012年1~2月
天気:快晴
歴史度:8点(10点満点)
場所:東京都新宿区内藤町11
最寄り駅:新宿御苑前駅(東京メトロ丸の内線)/東新宿(副都心線)

Visit: Dec 2009 / Nov 2010 / Nov-Dec 2011 / Jan-Feb 2012
Weather:Fine
Historical Value:8/10
An admission fee:200 Yen
Adult


新宿御苑101205 (1)_S.JPG

東京周辺の公園・庭園をブラリブラブラしてご紹介するブログ。今回は王道の新宿御苑の秋から初冬を送る。
この場所の歴史は徳川家康が豊臣秀吉の時代に、三河(現在の愛知)から江戸への普請(住居の移動)を命じられた
1591年にまで遡るらしい。この敷地は家康が内藤家に普請した土地らしい。その後明治時代に入り、福羽逸人卿が新宿植物御苑の総指揮者となり御苑が庭園として修築される機運に向かって行き現在への道を歩んだとのことです。

(詳しくは以下の御苑の公式ページへ)
都内でもこの広さを確保した場所はなく、憩いの場として愛されている。また非常に丁寧なメインテナンスがされており、常に美しく園内が保全されている。入場料は200円。尚、写真は2009年~2012年の秋から冬の間に撮影したものです。

It was some nice weather everytime I go to Shinjyuku-Gyoen Garden. People who are living in Tokyo usually go to country side to see something special during fall to winter.
But we have breath taking place underneath.
Go to near your public park like the Shinjyuku-Garden, you will be able to see beautiful monment and sight. And it is just 200 Yen (2 Euro/3 USD) to get inside.
I have been taking some photos at Shinjyuku-Gyoen Garden from fall and winter in 2009 to 2012. I will show you some.


 

(WEB / Sorry no English)
新宿御苑公式ページ

新宿御苑見所MAP(毎月の見所が地図でまとめられている便利MAP 


新宿御苑101205 (20)_S.JPG 

新宿御苑は四季折々の様々な顔を見せてくれる場所なので、一年中楽しめる。特にランチなどを持って出かけるには最高の場所である。

You can enjoy whole year here. It is a nice place to take your lunch with you.

 

御苑091206 (2)_S.JPG



新宿御苑の新宿駅に近い入口の風景だ。新宿駅南口を出て左方向を甲州街道沿いにひたすら直進すると見つかる。入場券はここの自販機で買う。入場口付近の光景は右の写真の通りだ。新宿口から園内に入ると二手に道が分かれるが、右の方向へと歩を進めてみよう。

Why don't we enter from Shinjyuku Entrance. You can buy ticket here.(use vending machine)
It takes 8-10min walk from south exist of the Shinjyuku station to entrance.
You will be able to see a beautiful view around here like a right side picture.
When you get inside, you might be better to take a right path to proceed.

-----------------

御苑内には大きく4つの池が点在する。上下の写真は中の池の一部であり紅葉の季節の人気エリアだ。
There are 4 ponds in the garden. I will show you some of them.

御苑091206 (21)_S.JPG

旧御涼亭からの光景
(2009年12月撮影)
A view from ex Goryotei house.
(Dec in 2009)

Shinjyuku Garden Snow (7)_S.JPG

都内に雪が積もった翌朝の
旧御涼亭からの光景
(2012年1月24日撮影)
A view from ex Goryotei House.
(Jan 24 in 2012)

111204新宿御苑 (35)_S.JPG 
(NOV 2011)
120226新宿御苑 (24)_S.JPG

(FEB 2012)
旧御涼亭の外観
Ex Goryotei house.


御苑091206 (17)_S.JPG

上の池周辺の日本庭園の光景
(2009年12月撮影)
A view at Japanese Graden.
(Dec in 2009)


Shinjyuku Garden Snow (4)_S.JPG

雪に覆われた
上の池周辺の日本庭園の光景
(2012年1月24日撮影)
A view with snow at
Japanese Graden.
(Jan 24 in 2012)


池の周辺には様々な鳥類が生息している。カモ類やサギ類など都内とは思えないほど沢山の種類の鳥に出会えてこれも楽しみの一つである。東京という環境にこのような素晴らしい鳥達が住んでいるのはとても素敵だ。

There are so many kinds of birds here. I hardly tell you names of each birds but it is fun to meet them. I can not believe that these are living in Tokyo.

新宿御苑101127 (22)_S.JPG

上の写真の鳥は不明である。(2010年11月27日)
I have no idea what’s to call this bird.
Please tell me if you know.
(Nov27 2010)




111127新宿御苑 (37)_S.JPG

上の写真の鳥は”シロサギ”だ。
(2010年11月27日)
This is a white egret.
(Nov27 2010)


111126新宿御苑 (14)-2_S.jpg

旧御涼亭内の池にいたカワセミ
(2011年11月26日)
A Kingfisher at ex Goryotei House.
(Nov 26 2011)


ムクドリ120226_S.jpg

ムクドリ。2012年2月26日撮影。
A grey Starling(Feb 26 2012)

紅葉の季節になると池の周辺は本当に美しい。特に快晴の日の紅葉は太陽とのハーモニーで輝きを増す。3年間に撮影した写真の一部を紹介させて頂く。

The circumference of a pond is really beautiful when the season of autumnal leaves comes. Especially the autumnal leaves of a fine day increase brightness in harmony with the sunlight.

I am allowed to introduce some photographs taken in three years.

 

(2009年11月/ Nov 2009)

御苑091206 (10)_S.JPG

上の池のもみじ。
A maple leaves at Kami-no Ike Pond.


御苑091206 (9)_S.JPG


御苑091206 (6)_S.JPG

まさに自然の美としか形容できない。
Art of nature.


御苑091206 (18)_S.JPG

すすきも美しい。下ノ池付近。
Japanese Pampas grass is also beautiful.


(2010年11月/ Nov 2010)


新宿御苑101127 (27)_S.JPG

下の池のもみじ。
園内で一番最初に紅葉する
A maple leaves at Shimo-no Ike Pond.

新宿御苑101127 (33)_S.JPG

下の池周辺の紅葉
Autumn Leaves around Shimo-no Ike Pond.


新宿御苑101127 (3)_S.JPG

燃え上がる紅葉
Burning!


新宿御苑101127 (37)_S.JPG

桜園地の落葉。
なんかヨーロッパの公園のようだ。
Cherry Trees’ fallen leaves.




新宿御苑101127 (14)_S.JPG

新宿御苑101127 (15)_S.JPG
手向山紅葉。
燃えるように美しい女性の髪の毛のようだ。
(芝生広場脇で見ることが可能)
Acer Palmatum.
It is like a women's hair.


111127新宿御苑 (26)-2_S.JPG

中の池脇の手向山紅葉。
Acer Palmatum at Nakano-Ike Pond.


(2011年11-12月/ Nov-Dec 2011)

111204新宿御苑 (49)_S.JPG
111204新宿御苑 (28)_S.JPG

111126新宿御苑 (28)_S.JPG
太陽が紅葉を美しき輝かせる。
The autumnal leaves are beautiful
with sunshine and bluesky.


 (2012年2月27日/ Feb 27 2012)

 

120226新宿御苑 (7)_S.JPG

寒桜。まだ咲き始めたばかりでした。
Cherry blooms in winter.

 
120226新宿御苑 (28)_S.jpg

紅梅
A Japanese apricot with red pink.


(他の園内の光景 / Other view in the Graden)

御苑091206 (29)_S.JPG

 

上の写真は、中の池の東端側付近に立っている「ハナミズキ」である。かなりの威厳を感じる木で、近くで見上げると心に訴える神秘性が体に染みてくる。 (2009年12月6日撮影)

Cornus florida is standing with dignity. I could feel a mystique from them.(Dec 6 2009)

111126新宿御苑 (56)_S.JPG
       
111204新宿御苑 (64)_S.JPG
中の池からの風景(2011年11月4日撮影)
A view from center pond.(Nov 4 2011)

DSC_0188_S.JPG

水仙。冬でもしっかり咲いている。
(2012年12月24日撮影)の
narcissuses
(Dec 24 2012)

111126新宿御苑 (34)_S.JPG

111126新宿御苑 (45)_S.JPG

111126新宿御苑 (38)_S.JPG
フランス庭園にはバラも咲いている。
(2011年11月26日)
Roses are blooming at French garden sector.
(Nov 26 2011)

111126新宿御苑 (44)_S.JPG

プラタナスの並木(2011年11月26日撮影)

Sycamore Tree Lined
(Nov 26 2011)


 


nice!(0)  コメント(0) 

2012年2月24日の梅の開花 [徒然なるまま]

2012年2月24日、目黒区五本木周辺の梅の開花情報。

P2240030_S.jpg

目黒区五本木とある場所での午前8時過ぎの撮影映像です。この2輪を含めて5輪程度の開花なので、0.005分咲ですかね・・。例年の3週間遅れでやっと咲きました。春の息吹は確実に来ているという証拠でしょう。これからが楽しみな季節です。健気に毎年咲いてくれます。

(撮影:OLYMPUS SP800UZ)


nice!(0)  コメント(0) 

The Edo castle (the Imperial palace) w/apricot 江戸城と梅 2012 Feb [歴史&庭園(History&Garden)]

場所:江戸城跡 (東御苑)
日時:2012年2月18日
天気:晴れ(風強し)
気温:6度
行き方:JR東京駅丸の内中央出口を出て歩いて10分程度(大手門)


Place:Site of Edo Castle (The East Garden)
Visit:Feb 18 2012
Weather:Fine(Windy)

Temp:6 dgree(C)
How to be there:Get out at JR Tokyo station. Walk out from Center exsit of Marunouchi-guchi. Walk two o'clock direction to Ohte-mon gate for about 10 min. 



120218江戸城梅花春 (2)_S.JPG

坂下門前の記帳所。
People are signing here for praying Emperor's condition.

 


江戸城跡に梅を見に行く。今年は寒波の影響で例年より梅の開花が遅い。
この日、天皇陛下が心臓のバイパス手術を受けておられる日であったため、坂下門の記帳所で初めて記帳をし、手術の成功を願う。50歳を過ぎると色々と心境の変化があるようだ。

120218江戸城梅花春 (1)_S.JPG

I went to see Japanese apricot at Edo castle (east garden). It has been a little bit delayed to bloom this year. Edo means former city name of Tokyo.

It was a day that the Emperor of Japan was having his heart bypass surgery. So I went to Sakashita-mon gate to sign my name on a note to pray for his condition.
I do not usually do it but I did it this time. I may get older. There were more that 15,000 people done it on that day.



120218江戸城梅花春 (3)_S.JPG

大手門に移動する時、綺麗な鳥を見つけた。
名前は分からないが・・。
I found a tiny little bird on the way to Ohte-mon gate.
Could not find its name though.



120218江戸城梅花春 (4)_S.JPG

大手門付近には白鳥がいた。
There is a swan near Ohte-mon gate.



120218江戸城梅花春 (20).jpg

大手門。
Ohte-mon gate.
10min walk from Tokyo Staion.



120218江戸城梅花春 (5)_S.JPG城内に入る。石垣の重厚さを見る度に、徳川時代の威光を感じる。
平川門近くの梅林坂には既に幾つかの梅の花が咲いていた。全体的には20%程度だろうか。まだ満開には時間がかかりそうだ。しかし桃色の花を咲かせていた早咲きの木が1本だけ満開だった。全体的な見頃の時期になるまでは、あと1週間から10日待ちという感じだろうか。(2012年2月25日~3月頭)。


120218江戸城梅花春 (6)_S.JPGI move to Ohte-mo gate and enter the Edo castle site. I always admire this view. Edo castle had been owned by Tokugawa family for 260 years. I could feel how powerful they are.There are apricots near Hirakawa-mon Gate. Almost 20% of apricot trees have opened its flowers. I believe they might be able to fully open in 7-10 days.  


 

120218江戸城梅花春 (7)_S.JPG

平川門。第二門となる渡櫓門だ。
この門は罪人、死人などの出口としても利用され
御不浄門と呼ばれた。

Hiwakawa-mon Gate.



120218江戸城梅花春 (10)_S.JPG

北桔橋門よりの風景。
とっても江戸な感じで好きだ。
高層ビルが見えないのが江戸っぽいね。

A View from North Kikyo-mon gate.
I love this view.
I can feel Edo era from here.
No tall building been seen from this point.
 

 

120218江戸城梅花春 (13)_S.JPG天守閣のあった天守台に移動。1657年の明暦の大火の大火災の痕跡が黒く石垣に残っている。相当な猛火だったのだろう。これ以後幕府は天守閣の建築を止めてしまう。
天守台からは眼下に広々とした芝生が広がっている。(下の写真)かつてこの場所に将軍が住み、大奥があり、将軍の家来たちが生きていた。しかし今は芝生以外には何も目にすることが出来ない。


120218江戸城梅花春 (11)_S.JPGI move to Tenshukaku Donjon base, which was main castle tower had been on it. The main castle tower has no longer existed since 1657 due to large fire had been occured.
Now I can see a lawn widely open in front of the Donjon base. I know Shogun (King) and his vassals were living there a former time. But now all I can see is nothing but a empty lawn. 




120218江戸城梅花春 (16)_S.JPG右の写真はシナマンサクという。初めて知った。中国原産の花らしくとてもユニークな花だ。可憐で日本の線香花火を思い出す。

Hamamelis Mollis come from Chine and very unique flower. It reminds me a Japanese sparkler. 







120218江戸城梅花春 (14)_S.JPG富士見櫓だ。江戸城跡に現存している櫓はこれを入れて3棟だけのようだ。1657年の明暦の大火の後、天守閣を失った将軍は、一時的にここで生活した事があったようだ。ここから富士山や花火を見たという記録があるらしい。 

Fujimi Yagura is a building for both storage and defense. Only three are still remain in Edo castle site. It was name for Mt. Fuji which could be seen from there in former time. It served as substitute for the Donjon destroyed by fire in 1657. It was also used as a palace.  


120218江戸城梅花春 (19)_S.JPG松の廊下の右手先付近で福寿草を見つけた。春の息吹が聞こえるようだ。福寿草は、江戸城跡でここ辺りにしかないようだ。今年はとても寒い年だがちゃんと春の到来を教えてくれている。本当に可愛らしい。

I found Amur Adonis near the Matsu-no roka corridor. 
I can hear sound of spring is coming slowly.It has been very cold this year but they would tell us spring is not far.
 



120218江戸城梅花春 (18)_S.JPG江戸城の正門だった大手門から,本丸に入るときの最大の検問所がこの百人番所。甲賀組,根来(ねごろ)組,伊賀組,二十五騎組の4組が護りを固めていました。各組には,同心百人ずつが配属されていたところから百人番所の名が生まれました。

This is the largest security guard house in Edo castle. There were 4 groups of samurai keeping their eyes open for 24 hours a day. Each group has 24 horses riding security guards and 100 policemen.




nice!(0)  コメント(0) 

韓国 徳寿宮(トクスグン)をブラブラする  The Deoksugung Palace in Seoul Korea [ブラLOVE KOREA]

徳寿宮 (1)_S.JPG

徳寿宮の入り口となる大漢門。
昔は東門だったようだ。
Front gate of the Deoksugung.
It used to be the east gate. 

 

韓国ソウル特別市は漢江が中心部に流れて市を北と南に分断している。今日紹介する「徳寿宮」は川の北側にある。日本人観光客には最も馴染みがある「明洞(ミョンドン)」のロッテホテルの裏側付近のソウル市庁の隣にあるのが「徳寿宮(トクスグン)」だ。明洞の中心部から歩いて10分程度なので、この近辺に行く用事があれば是非訪れて欲しい場所だ。
この場所の観光的な案内は以下のWEBの方が詳しくてキチンとしているのでそちらに譲るが、日本史的には室町時代~戦国末期までに相当する時代の遺物だ。私はこの場所を何度か訪問した事があるが、今回は紅葉真っ盛りの時期で美しい光景に出会えた。

City of Seoul has been divided by Han-Gang River. It means this city has roughly north and south area. Deoksugung Palace is a palace of Lee dynasty and it has been in north area.
Deoksugung Palace was built in late 15 century. Several kings had lived here but King Gwanghaegun moved Gyeongbokgung Palace in 1615, The Deoksugung had been abandanded for 274 years. In 1897 King Gojong had restarted this palace and reformed like it used to be.

The Deoksugung is very close to Lotte Hotel in Myeongdong and City Hall. If you have a chance, you might be better to be there.
I am not going to report evey single detail about Deoksugung. If you want to know more about Deoksugung, you might be better to check following web site.

Deoksugung Web / ENGLISH
http://www.deoksugung.go.kr/eng/index.asp 


Deoksugung Navi/ Japanese only)
http://www.seoulnavi.com/miru/4/
http://www.konest.com/data/spot_mise_detail.html?no=266


訪問時期:2011年11月5日
場所:徳寿宮
天気:曇
気温:15度程度(この時期にしては温かい)
入場料:1000ウォン(大人)

Visit:Nov 5th 2011
Place:Deoksugung
Weather:Fine
Temp:15 D/C
Ent Admission:1000 Korean Won(Adult)/See down below

 

徳寿宮 (17).jpg

入場料情報
Entrance Admission


徳寿宮 (18).jpg

徳寿宮の内部案内
Guidance Borad

 

徳寿宮 (2)_S.JPG

徳寿宮の入り口右の外壁の様子。外壁沿いの
石畳が有名だが、ここをカップルで歩くと別れると言うジンクスがあるらしい。
The outer wall of the Deoksugung.
There is stone pavement along with this wall.
There is a jinx on this pavement:
walk with your lover, you will break up.
(Really?)

 

徳寿宮 (3)_S.JPG

参道。紅葉が美しい。
The front approach to a shrine.
Autum leaves are beautiful.

 

徳寿宮 (4)_S.JPG

紅葉#001
(大漢門を入って右に40m程行った先の様子)

Autum leaves #001
(Enter the front gate and to the right for 40yd)


徳寿宮 (9)_S.JPG


紅葉#002
ここのもみじは特に美しかった。
場所は#001と同じ。

Autum leaves #002
Is was nothing but beauty.
Same Leaves at #001.

 

 


 

徳寿宮 (5)_S.JPG

紅葉#003
咸寧殿沿いの紅葉は美しい
Autum leaves #003
Along with Hamnyeongjeon


 
徳寿宮 (8)_S.JPG

世宗大王像
King Sejong

 

徳寿宮 (7)_S.JPG
中和門と中和殿(奥)
昔は門を通じてのみ建物に入れたとのことだが
周辺建築の破壊があったため現在のようになっているという。

Junghwamun gate and Junghwajeon.
People can only enter the  unghwajeon though the gate.
But since surrouding the courtyard has been destroyed,
you can get to the building eveywhere.


 

徳寿宮 (6)_S.JPG

イチョウの木
Ginkgo

徳寿宮 (11)_S.JPG
昔御堂。徳寿宮では数少ない2階建ての建物だ。
また王の即位を行った場所だという。
Seogodong is th only building at Deoksugung with a two-tired roof.This place was used for an enthronement ceremony.


徳寿宮 (12)_S.JPG

紅葉#004
咸寧殿沿いの紅葉は美しい

Autum leaves #004
Along with Hamnyeongjeon

 

徳寿宮 (13)_S.JPG

徳寿宮の大漢門右脇にある池
A small lake at Deoksugung

 

徳寿宮 (14)_S.JPG

壁の模様が美しい
I love this wall design.


徳寿宮 (16)_S.JPG

徳寿宮前に広がる市庁前広場
City Hall, right in front of Deoksugung.

 


nice!(0)  コメント(0) 

韓国 漢江の夕陽 SUNSET AT HUN-GAN RIVER in Seoul [ブラLOVE KOREA]

東京で散歩好きな私は、韓国でもブラブラしてみた。
そんなブラLOVEな私の散歩日記である。今回は「漢江の夕陽編」である。

I was walking around Han Gan Rever side in Seoul Korea this time.

 

ブラ時期:2011117
天気:晴
場所:漢江大橋近辺
時間:17時過ぎ 

DATE: Nov 7  2011
WEATHER:FINE
PLACE:HAN-GAN RIVER BRIDGE
TIME:17:00



漢江夕日 (8)_S.jpg


 
漢江の夕陽 #001
SUNSET at Han-Gan River #001
 
OLYMPUS SP 800-UZのパノラマモードで撮影



この日はソウル周辺をブラブラし、天候から見て夕陽が綺麗に見えそうだということで、急遽漢江方面に車両で移動。漢江大橋の近くの駐車場に到着すると、漢江に夕陽が吸い込まれる直前だった。ソウルにはかなりの回数行ったが、このような夕陽に出会えたのは初めてだった。ちょっとラッキーな気分になる。

I was walking around Gangnam and then move to Hag-Gan River to see sunset.It is my first time to see such a beautiful view here. I’ve been to Seoul more than 30 times but I have never had a chance to see kind a thing.

漢江夕日 (1)_S.JPG

 

江南から車を右折させ漢江大橋方面へ向かう。江南は相変わらずの交通渋滞。ソウルはアメリカのロス並の車社会である。通勤を車に依存している人がかなり多い。
2000年代前半のソウル市内は、白、黒、グレーといった地味な色の車体が多かったが、ここ数年は東京のように色とりどりの車体が目立つようになった。何か意識の変化があったのかと思う次第だった。

I made turn right at Gangnam junction to HanGan River. It is always jam around this time in Seoul. Seoul is like a L.A to me. Wide open roads and a lot of cars. When I was here in 2003 for the first time, colors of many cars were mostly gray or black. It seems to me that people in Seoul hardly choose bright color. But now I could see colorful cars in this city. Something may change their conscious.

漢江夕日 (2)_S.JPG


漢江大橋近辺。矢印が居る場所を示す。
At Han-Gan Rever bridge.



漢江夕日 (5)_S.JPG

漢江の夕陽 #002 
夕陽が段々と美しさを増す時間だ。
(SONY製のカメラで撮影)
SUNSET at Han-Gan River #002
(Pictured by Sony camera) 





漢江夕日 (3)_S.JPG

こんな感じで撮影してました。
I was filming like this.



漢江夕日 (6)_S.JPG

漢江の夕陽 #003
SUNSET at Han-Gan River #003




漢江夕日 (4)_S.JPG

漢江の夕陽 #004

 周辺はジョギングコースのため、老若男女が走っていた。
SUNSET at Han-Gan River #004
There were joggers around me.




漢江夕日 (7)_S.JPG

漢江の夕陽 #005
SUNSET at Han-Gan River #005

 
いよいよソウルの街に吸い込まれて行く。
テンジャンチゲ(味噌チゲ)みたいな色というのは
ちょっとロマンチックじゃないかな・・。
地球が廻っているのが実感できるひと時だ。
周辺の高速には車が溢れ始めている。
これから渋滞が始まる時間でもある。

So romantic.
I could feel Earth is rounding.



 


nice!(0)  コメント(0) 

-|2012年02月 |2012年03月 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。