So-net無料ブログ作成
検索選択

映画館やコンサート会場で見かけるちょいと迷惑系なアルアル [徒然なるまま]

映画館編:

(1) 何故か東海林太郎(この例じゃわかんないよねぇ・・・)のような感じで座席の背もたれにほぼ直角に座り、後ろの人から見て頭が完全に映写幕を邪魔して困っていることに配慮もなく気がつかない人。

(2) とにかく頭がでかいのに自覚も配慮もなく後ろの人の視界を殆ど遮る人。

(3) 上映中、頭の上に更に高さのある帽子を被って取らない人。

(4) 私語は謹んでね・・と上映前に注意が出るのに、自宅の居間にいるようにずっとペラペラしゃべっている人たち。たかだか2時間位一人で黙って見る事が出来んのだろうか?

(5) 上映中、やたらと同行者に映画の内容について質問を浴びせる人。映画位、自分の頭で考えてみる事は出来んのだろうか?

(6) 映画の機微に全く関係ない反応を示す人。不思議な反応する人っていますよねえ。

(7) いびきをかいて寝ている人。たまに酷いの居ませんか? あれには本当に困る・・。

(8) 上映中に携帯メールのチェックをする人(マジで最近多い)。映画上映中に見なけりゃならんほど緊急な用事のある人が、映画に来る事もないだろうにと思う。気が散るし迷惑なのでお止めください。

(9) 上映中に携帯電話に出る人。(これは実際経験しました。) 
正直驚いた。同行者も注意すらしないので更に驚く。

(10)              食いもんや飲み物の音をたてて飲食する人。しつけの問題だね。

(11)              長時間座るのが苦手なのか、とにかく態勢を頻繁に変える落ち着きの無い人。

(12)              特にシネコンなのだが、不要に前のめりの姿勢で見るため後ろの人の視界を大きく遮ってしまう人。座席の設計上、あれって結構邪魔です。映画館は前のめりになって見る利点は殆どないのでゆったり座ってご覧ください。

(13)              明らかに座席に相当な余裕があるのに、後から来たのに既に人が座っている前に座って、尚且つ(1)や(2)の人。後ろの席への配慮位は致しましょう。

結論:そういう訳で私は空いている映画館が大好きです。


コンサート編:

(1) ライブ中、ずっと一人で悦に入って大声で歌い、演者の歌に被るほど声が大きく周囲の聴衆の邪魔する人。気持ちは分かるのだが、君の歌を聞くためにこっちは高い金を払っているのではありません。

(2) 何だか知らないが、ライブ中にずっと連れと喋っている人。何のために来ているんだろう? 唄声喫茶と間違っているんじゃなかろうか?ロックコンサートとは言え、喋り声のお陰で周囲がライブ演奏に集中出来ないので本番中は、不要なおしゃべりは控えましょう。特に声のデカイ会話は最悪です。

(3) どう考えても若い女の人の趣味とは思えないライブに女を連れてきて、ライブのウンチクを自慢げにする中年のオヤジ。

(4) ライブの機微と無関係な盛り上がりを見せるちょっと困った感じの個人もしくは一団。やっぱ変ですよ。

(5) 男義を見せようとしているのか女を肩車する男性。後ろの人の視界に完全に邪魔です。(野外や海外では多いよね)

(6) でかい応援幕や看板をずっと頭上に掲げる人。これは後ろの人の視界を遮り完全に邪魔です。(結構アイドル系で多いようです。気をつけましょう。)

(7) コンサート中にサイリュームの光を頼りに化粧を直す女性。それって今やんないとダメなの?って思うのだが?

(8) やたらと拍手の音がでかくて周囲とは明かに全く違うテンションで一人物凄いでかい声で盛り上がっている外人。(渋谷公会堂でのテデスキ・トラックス・バンドの時、後ろにいた外人が耳元で叩く拍手の音が余りに酷くて死ぬかと思った。)

(9) アーティストの気を惹こうとして下らないとしか思われないような言葉を投げかけてアーティストを本気で怒らせる人。あるアーティストの千秋楽はこれで台無しになりました。

(10)              周囲は全員座っているのに一人で立って踊って盛り上がっている人(気持ちは本当に分かるんだけど、ちょっと後ろの人には迷惑かもよ・・・。)

(11)              1曲目から総立ちになるライブ(これは仕方ないんだが、実際オジサンには辛いっす)

(12)              比較的照明の暗い演出中なの、携帯やスマホを取りだして操作を始める人。少し位我慢出来んのかねえ。

(13)              演奏されている音楽を棄損するような応援や楽しみ方をする人。かなり昔ですがピアノのバラード曲に合わせてずっと3連のリズムで手拍子しているツワモノが居たのには驚いた。台無しにしてくれました。

客質って結構ライブの視聴環境や感動の度合いを変える時があるんです。お互いに周囲へ気を使いながら楽しみましょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。